お茶飲みたい

くいしんぼう妊婦は出産した。新米母の日々の記録。

悪阻の記憶

1年と少し前、妊娠初期だった頃、台湾に行った。

 

 

どこに行ったとは書いていないけれど台湾だったのです。夫にも一緒に行った友人にも、妊娠のことは誰にも内緒にして自分勝手に行った台湾。

無事に産まれてくれたし、これを逃したらいつ行けるかわからなかったから、行けて良かったと思うのだけど、何せ悪阻が始まり出した時期だった。特に終盤気持ち悪くて、友人には本当に申し訳ないことをしたなぁ…そして楽しいはずの思い出も、悪阻と共に刻まれてしまった。

美味しいお店を調べて数種類買ってきたパイナップルケーキも、高級な台湾茶も、帰国後には全く食べられなかった。悪阻が終わってからも吐き気を思い出して食べられなくなってしまった。悲しい。

そして時は流れ、先日夫の上司から台湾のお土産を頂いたのだけど。未だに見るだけで悪阻を思い出してしまうのだ!まさか1年以上経った今でもそのトラウマが残っているとは。

絶対食べたら美味しいやつだから食べてみたんだけど、吐き気が邪魔をして味が入ってこない。バターの香りのするサクサクの記事と程よい酸味の餡が美味しい(はずの)オークラプレステージ台北のパイナップルケーキを美味しく感じられないなんて、なんと勿体無い…。

しかし同じ台湾フードでも、タピオカミルクティーや小籠包を今でも美味しくいただけるのは、まだ現地で美味しくいただけたからからなのかなあ。

人間の脳はすごいし、全てはそれに操られているんだよなと改めて思わされた出来事。いつか克服してまた台湾に行きたいな。

文章を上手くまとめようと思うと下書きが溜まりに溜まってしまうから、あまり考えすぎずにとにかく投稿していくことにしたい。自分で読み返すためのブログだから下書きでも残っていればいいっちゃいいんだけど、とりあえず。