お茶飲みたい

くいしんぼう妊婦の日々の記録。基本的に支離滅裂

たいくつと育児本

臨月に入ってから時間が経つのが遅い。何かを待っていると遅く感じるものだなぁ。友達と出かけるのも自重してるし、大した外出もできなくて退屈である。

退屈だと食べることとネットショッピングくらいしか楽しみなくなる〜。とは言え好き勝手には食べられないし買い物だってよく考えなきゃいけないんだけど、もうすぐ産まれるという甘え(?)からどっちのリミッターもゆるみがち。食べれば体重は増えるし買い物すればお金は減る。つまり後々の自分の首をしめるだけ〜。でも産まれたらしばらく自由きかないし、できること楽しんでおかなきゃとも思う。何事も程々に。

産む前に読んでおこうと思ってた本もなんとか読み終えて、でも最初の方忘れてるし産まれるまでに頭に入るように読み返していくスタイル。産後は記憶力が落ちるらしいけど目を酷使するのも良くないらしい。少しでも残ってくれればいいけどな。

育児本を2冊読んでみると見聞が広がる。1冊だけ読むのは私にとっては多分危険だったから、2冊読んでよかったと思った。時間があれば他のも読んでみたいな。結局は何を信じるかなのだけど。情報は自分で取捨選択しなくてはいけない。育児に関しての選択は子供の人生に影響を与える、荷が重い!ちゃんと考えたいけど考えすぎてノイローゼになってもいけない。程々に…程々にとは便利な言葉だな。そして大切な言葉だ。

まぁ何考えていても、心の奥底では何とかなるし何だって結局は思った通りにできるって思ってる。今までの人生ずっとそうだったけど、出産と育児においてはどうだろうか?神様には隠してた天狗の鼻、見つかったら折られるかな。そういう不安も含めて今はただ楽しみです。