お茶飲みたい

くいしんぼう妊婦は出産した。新米母の日々の記録。

最近の食事と、前駆陣痛?

昨日の反動からか今日はちょっとしんどい。引きこもって(これはいつもか)大半寝ていた。まともなご飯を食べる気にもならず、総摂取カロリーは抑えたけれど栄養バランスもへったくれもないスカスカな内容。晩ごはんだけはかろうじて母が作ったものを食べた。

やっぱり外食はドーピングで、快楽のためのもので、健康な身体を保つためのものではないんだなぁ。友達と楽しく食べたり、一人でもただその暴力的美味しさを楽しむためのもの。日常的に食べていたらそりゃ身体壊しますわな。

我が子のためにも良い食事を取らなきゃと思うのに、臨月に入ってその気力がなくなってきた。目的は体重管理でもあったから、もうすぐ生まれるならもう我慢やめてもいいかな的な甘え。実際は予定日までは1ヶ月近くあるんだから、今解放したら産むまでに3kgでも5kgでも太れる可能性があって、そしたら今までの努力は全部水の泡だ。あと少しだからこそ頑張らないといけないんだ。頭では分かっていても心の中では、授乳中はいくら食べても太らないボーナスタイムという噂だし…でも産んだらしばらく外食できないから今のうちにしておきたいし…というジレンマを抱えてる。

実際産後の食事はどうなるのだろう?母に用意してもらうしかないのだろうけど。日中は冷凍ご飯とか納豆とかグラノーラとか簡単に食べられるものを用意しておいてもらえばいいけれど、晩ごはんは?まぁ一人なら適当でいいにしても、里帰り中に夫に泊まってもらう場合の夫のご飯は?

産前は夫のお世話をしなくてよいという楽さがあったけれど、産後は一体どうなるのだろう?母はどこまでやってくれるつもりなのだろう?わからないし、多分私はそこまで頼れない。里帰り中、家に一銭も入れず大した家事もせず過ごしているのに何様かと言われるだろうか?どんどん卑屈になっていく。

余計なこと考えると出てこれなくなっちゃうね。今朝からお腹の張りが頻繁にあったり、たまに軽い腹痛があったり。これが噂の前駆陣痛だろうか?前駆陣痛があったからって、いつ陣痛が来るかはわからないけれど。お産の準備は始まっていると思っていればいいのかな。今月下旬か、そうでなければ予定日くらいに生まれてくれるとうれしいな。出て来る日はこの子自身が決めるのだから、母はその手助けしかできないんだけどね。