お茶飲みたい

くいしんぼう妊婦の日々の記録。基本的に支離滅裂

7月ですね

予定日が8月なので、気分的には臨月(まだだけど)!今月生まれないとも限らないのに、こんなにのんびりしていていいのか?というかむしろ来月には絶対生まれているんだと思うと驚き。妊娠が分かってからブログを開設して、もうすぐ生まれるというところまで来たんだな。本当にあっという間だ。

里帰りしてきた当初はストレスを感じていたけれど、慣れてきたのか色々なものに折り合いをつけて、まぁそれなりにゆっくり過ごしている。母が帰って来る時間に昼寝してても気にならなくなったw

最近は立て続けに前の職場の後輩、同期、先輩に会った。みんなから出る愚痴を聞いて、辞めてから時間が経って忘れていた感覚を思い出して、辞めてよかった、と心底思うのであった。新卒で入った会社でそこしか知らないので、どこもそんなものかもしれないけれど、でもやっぱり社員を大切にしない会社だなぁと思う。話を聞く限り全然変わっていなかったし、むしろ酷くなっているんじゃないかと思うくらいだ。

そういう会社に長年勤めて、もうそこでしか通用しないようなお局様たちがいて、そういう人たちは例に漏れず厄介な人たちで。客観的に見ればどうしたっておかしい人たちも、そこにいればそこの正義になって、まともな人たちが病んでいく。悪循環というか、むしろ循環せず淀んでいるというか。そうやって腐った組織の中で、まともな人たちは連帯してなんとかやっていくのだ。

あの職場で働いていて良かったと思うことは、大きな組織だったから良い仲間にたくさん出会えたこと。誰でもできる仕事だったけど、その中でも頑張って少しは頼りにしてもらえたこと。でもそれは会社にしてもらったことではなく会社の中の人たちのおかげで、だから働き続ける理由にはならなかった。辞めると言った時に勿体無いと言われたけれど、働き続けている方が勿体無いと思った。それが正しい判断だと信じていたし、実際に正しい判断だった。あの職場で出会った大切なみんなも早く気付いて欲しいなぁと思う。

とはいえあんな職場でも働かなくてはいけない人たちはたくさんいるのだ。私が働かずとも暮らしていけること、家族の生活の心配をしなくてもいいこと、当たり前じゃない。感謝の気持ちを忘れずに、まずは元気な子を生まなくてはー。

広告を非表示にする