お茶飲みたい

くいしんぼう妊婦の日々の記録。基本的に支離滅裂

友人関係考

毎日のように連絡を取っていたけれど最近は距離を置いている友人がいる。

周りの子には本当に仲良いの?と言われるくらい全く性質は異なる子だけれど、色々共通点があって仲良くなった。毎日のように連絡を取っていたのは、休みとか暇なタイミングが合うから自然とそうなったのだと思う。

性質が全く異なるし周りからは変わってると言われるような子だったので、仲良くなってからも疑問に思うことは色々とあったけれど大体はスルーしたりたまにつっこんでみたり、上手くやっていたと思う。間違いなく変ではあるけれど、すごく優しくて面白い子だったから。

でも、状況が変われば関係も変わる。出会ったのは学生の頃だったけれど、お互い社会人になり私が結婚をし、段々見方が変わってきた。そしてその変化は私が妊娠して決定的になった。

今までならスルーできたことが許せなくなり、軽率な行動や失言にとことんうんざりするようになった。大体はムッとしつつ受け流していたが、たまに不愉快だと伝えることもあった。そうするとすぐ謝ってはくれるのだけど、またすぐに似たような失言をする。面倒なので返信しないことを選ぶようになるが、連絡は来続ける。私の気持ちが落ち着いてぽつぽつ返信するようになると再び失言は繰り返される。

私の言い方が悪くて伝わっていないのかもしれない。そもそも私の妊娠による情緒不安定で、気にしすぎかもしれない。でも、そうだとしても、この歳になって「そういうことを言われると傷付くよ」「不愉快だよ」と伝え続けてあげる義理はあるのか?もしくはそれを我慢して付き合い続ける意味はあるのか?

多分その子には悪気がない。悪気がないばかりか、善かれと思って言っているのかもしれないと思うこともある。しかし、悪気はなかった、で済むことが世の中にどれだけあるだろうか?

優しくて面白い、気の遣える子だ。無神経であることとは相反するように思えるが、実際にそうだったのだ。楽しい思い出もたくさんあるし、助けてもらったこともきっとあったと思う。それを思うと簡単に縁を切る決心は付かず、とりあえず距離を置くことを今は選んでいる。連絡は来続けているので、実際のところ距離を置けているかどうかは微妙なところだけれど。ほとぼりが冷めるまで待つより火に油を注ぐタイプだ。

きっと変わったのは私で、彼女は変わっていないのだ。どっちが良いとは言わないけれど、私が変わってしまったので、私は彼女にストレスを感じるようになってしまった。今まで通りなのになぜ?と思われているだろうか。それとも何とも思っていないだろうか。本人に聞くことはないので、本当のところはわからない。

そもそも頻繁に連絡を取らなくたって、半年や1年、それどころか数年会わなくたって友達は友達なのだ。それで友達じゃなくなるなら、そこまでの関係だったということ。

これはただの悪口だけど、彼女は恋人ができればベッタリ、仲の良い子ができればベッタリというタイプだった。もちろんお互いが良ければそれで良いのだけど、傍から見ていると正直気持ち悪かった。毎日連絡を取っていた私が言えることではないけれど、そんな友人は彼女以外にはいなかったのでこれが彼女の性質だよなと思う。

すごく仲が良かった子なのに、妊娠中に会っていない、会いたいと思えない。子が生まれても会わせたいと思えないのは悲しいことだ。でも大人になるってこういうことなのかなぁ。一番大切なのは自分の家庭なのだから。

心の底から嫌いになったわけじゃないから、彼女が私と同じ方向に大人になればまた仲良くする日も来るのだと思う。偉そうな意味ではなく、人生の選び方の問題。

長文になったけれど結局何を言いたかったというわけではなく、この感情を吐露したかっただけなのです。もともとそういうブログなんだけど。

広告を非表示にする