読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お茶飲みたい

くいしんぼう妊婦の日々の記録

大丈夫

ひとつのことを複数人でやるのが苦手だ。コミュ障な私も大人になって、初対面の人に話しかけたり会話したりはなんとかできるようになっても、根っこの部分は変わらない。

思い返せばなんでもひとりでやりたい質だった。勉強でも体育でもひとりでやることが得意だった。チームプレイは苦手。旅行の計画とかも、誰もやらなければ自分がやるけれど他の誰かがやってくれるタイプのときは任せっきりにしてしまう。バイトでも仕事でも、抱えこんで助けを求めるのは苦手だった。人に手を貸すことはなんとかできるようになったかな。

こんな有様だから、結婚式の準備は本当に大変だった。自分がやったことに文句を言われるのが我慢ならない(なんて暴君)、でもひとつひとつのこと決めるのに確認はしなきゃいけない、確認したら修正が入る、「じゃあ初めからてめえがやれ」と言いかけること頻回(言ったことはありませんが)。考え方の違いにも何度もぶち当たり何度も泣いて、本当に大変だった。

夫婦こそまさにチームプレイだと思うのに、育児なんてその最骨頂だろうに、こんなことでは先が思いやられる。

それにしても今の私は妊娠している以外は何もなく、家事もろくにできず、頼まれていたことも認識の甘さが原因で遂行しきれず。夫に頼ってばかりで、そのうち愛想を尽かされるのではないかと恐ろしい。妻の妊娠中の浮気が多いというのはこういうことなのだろうか。許せないことだけれど、理屈としてはわからなくもない。

妊娠することで起こる体の変化は本人にしかわからない。つわりが続いて、最初はすごく優しくても段々慣れてしまって、それくらい大丈夫でしょ?になる。はっきりは言われなくても、怠けているんじゃないか?と思われているのが伝わる。辛いことには変わりないのに。

それでもお腹の子を守れるのはお母さんだけだ。周りに言われて無理をして、赤ちゃんに何かあっても誰も責任取ってくれない。昨日の茶オリとお腹の張りがあるから、私は安静にするしかできない。明日はやっと月曜日だ。

まとまった文章書こうとしているわけじゃないけれど、散らかりっぷりがすごい。