お茶飲みたい

くいしんぼう妊婦の日々の記録

34w/今か今かと

検診。体重ついに2000gへ!お腹が重たいわけだ。張り止め出されながらも子宮頸管の長さ測られなくて疑問だったけどやっと院長が測ってくれた、3cmあって一安心。里帰り前に通っていた病院の院長は流れ作業だったけど、こっちの院長は丁寧でいい感じ。

我が子は子宮の壁に顔をくっつけるのが好きみたいで、今回も前回も4Dエコーかわいく撮れず。触られると動かなくなるのは6ヶ月の頃から変わらないなぁ。

私自身が動けなくなるのはいつなのだろう、と思いながらもしばらくぶりの人たちに会う日々。正産期ギリギリまで予定入れているけど大丈夫なのかwでも会いたい人たちにはなるべく会っておきたいな。産んだ瞬間から母になってしばらく自由な時間がなくなるなんて、子供とはなんと大きな存在なんだろう。

3週間後には正産期、あっという間ということを頭では分かっているんだけどどこか余裕ぶっこいている。入院準備してないし、水通ししてないし、ベビーベッド設置してないし、布団買ってないし、まだベビーシート届いてないしetc…やってないこと多すぎワロタ状態である。入院準備と水通しは今週中にやろう、多分…

正産期から誘発分娩になる時期まで、その幅は1ヶ月。人生全体で見れば一瞬だろうけど、とは言え長いよなぁ…予定日とは何なのか。この日に産むぞ〜って決めて産めたらいいのにな。母のワガママを聞いてはくれんかね、子よ。

友人関係考

毎日のように連絡を取っていたけれど最近は距離を置いている友人がいる。

周りの子には本当に仲良いの?と言われるくらい全く性質は異なる子だけれど、色々共通点があって仲良くなった。毎日のように連絡を取っていたのは、休みとか暇なタイミングが合うから自然とそうなったのだと思う。

性質が全く異なるし周りからは変わってると言われるような子だったので、仲良くなってからも疑問に思うことは色々とあったけれど大体はスルーしたりたまにつっこんでみたり、上手くやっていたと思う。間違いなく変ではあるけれど、すごく優しくて面白い子だったから。

でも、状況が変われば関係も変わる。出会ったのは学生の頃だったけれど、お互い社会人になり私が結婚をし、段々見方が変わってきた。そしてその変化は私が妊娠して決定的になった。

今までならスルーできたことが許せなくなり、軽率な行動や失言にとことんうんざりするようになった。大体はムッとしつつ受け流していたが、たまに不愉快だと伝えることもあった。そうするとすぐ謝ってはくれるのだけど、またすぐに似たような失言をする。面倒なので返信しないことを選ぶようになるが、連絡は来続ける。私の気持ちが落ち着いてぽつぽつ返信するようになると再び失言は繰り返される。

私の言い方が悪くて伝わっていないのかもしれない。そもそも私の妊娠による情緒不安定で、気にしすぎかもしれない。でも、そうだとしても、この歳になって「そういうことを言われると傷付くよ」「不愉快だよ」と伝え続けてあげる義理はあるのか?もしくはそれを我慢して付き合い続ける意味はあるのか?

多分その子には悪気がない。悪気がないばかりか、善かれと思って言っているのかもしれないと思うこともある。しかし、悪気はなかった、で済むことが世の中にどれだけあるだろうか?

優しくて面白い、気の遣える子だ。無神経であることとは相反するように思えるが、実際にそうだったのだ。楽しい思い出もたくさんあるし、助けてもらったこともきっとあったと思う。それを思うと簡単に縁を切る決心は付かず、とりあえず距離を置くことを今は選んでいる。連絡は来続けているので、実際のところ距離を置けているかどうかは微妙なところだけれど。ほとぼりが冷めるまで待つより火に油を注ぐタイプだ。

きっと変わったのは私で、彼女は変わっていないのだ。どっちが良いとは言わないけれど、私が変わってしまったので、私は彼女にストレスを感じるようになってしまった。今まで通りなのになぜ?と思われているだろうか。それとも何とも思っていないだろうか。本人に聞くことはないので、本当のところはわからない。

そもそも頻繁に連絡を取らなくたって、半年や1年、それどころか数年会わなくたって友達は友達なのだ。それで友達じゃなくなるなら、そこまでの関係だったということ。

これはただの悪口だけど、彼女は恋人ができればベッタリ、仲の良い子ができればベッタリというタイプだった。もちろんお互いが良ければそれで良いのだけど、傍から見ていると正直気持ち悪かった。毎日連絡を取っていた私が言えることではないけれど、そんな友人は彼女以外にはいなかったのでこれが彼女の性質だよなと思う。

すごく仲が良かった子なのに、妊娠中に会っていない、会いたいと思えない。子が生まれても会わせたいと思えないのは悲しいことだ。でも大人になるってこういうことなのかなぁ。一番大切なのは自分の家庭なのだから。

心の底から嫌いになったわけじゃないから、彼女が私と同じ方向に大人になればまた仲良くする日も来るのだと思う。偉そうな意味ではなく、人生の選び方の問題。

長文になったけれど結局何を言いたかったというわけではなく、この感情を吐露したかっただけなのです。もともとそういうブログなんだけど。

体重増えぎみ

里帰りしてから2週間で1kg増えてる。ウワー。原因はきっとお菓子の食べすぎと野菜不足。カロリーコントロールはしているんだけど、やっぱり中身が重要ということだな。

手作り菓子だとついつい油断して食べすぎてしまう。炭水化物過多と食物繊維不足!お通じもすこぶる悪くスッキリしない日々!週明け検診だけどこの増え方はちょっとまずいだろうか。中の人の体重は何g増えているのでしょう。

朝一の体重測定でぎょっとすること数日、やっと昨日から意識的に野菜を摂り始めた。検診までに効果あるかな…せめて腸だけでもスッキリしてくれるとよいのだけど。

野菜を食べるのは好きなんだけど、何せ調理が面倒だ。キュウリとかトマトは最悪洗うだけ、一手間かけても切るだけで食べられるからいい。もやしも洗ってレンチンでいける。

しかしそういう野菜ばかり食べているわけにもいかない。加熱が必要な根菜類が面倒なのはもちろんだが、意外に面倒なのはレタスやキャベツ。葉を剥いて洗って、水につけてシャキッとさせて、傷んだところを取り除いて水気を切る(これが面倒!!)という工程を踏まなくては食べられない。もっと省略できそうなものではあるが、その手間を惜しんでしなしなのレタスや黒ずんだキャベツを食べたくないのだ。結果、食べないことを選んでしまうので本末転倒なのだけど…

自分だけのための料理とはどうしてこんなに面倒なんだろう。いや実際には家族がいるんだけど、実家で家族のために作る料理は不思議なことにあまり美味しくない…きっと食材の準備段階から調味料や調理用品、決め手はモチベーションの違い。自分の台所で好きな人に作る料理の何と楽しかったことか…いや、本当はお腹の子のためにやらなきゃいけないんだけれど。自分に甘い母でごめんよ。

冬なら毎日鍋食べていればいいんだけどなぁ。今日は母がいないみたいだし、一人鍋にしようかな。

33w/情緒不安定キタ

今日から33w!着々と近付く正産期。全然用意できてないけど大丈夫なのかしら〜って能天気な母。子は今日も元気にお腹を蹴ってくれます、可愛いけど痛いよ。

昨夜母の発言に腹を立ててから、さっきまで最悪な気分で外出てお茶しても晴れなくて泣きながら帰ってきたのだけど。さっさとお風呂に入って、おせんべいを3枚食べたらなぜか気分が晴れてきた。なぜなんだ。

思い返せば母の言葉も嫌味ではあったけれど大したものではなく、心が健やかな聞き流せる程度のものだった。それで丸一日も憂鬱になるなんて、やっぱり妊婦メンタルの為せる技だったのか。

確かに里帰りは思ったほど良いものではなく、あぁ我が実家で暮らすというはこういうものだったな、家主が母である限り多少なりともストレスを感じざるを得ないものだなと改めて感じた、というか思い出したのだけれど。それでもこっちの病院で分娩予約はもう済んでいて、戻ることはできないのだから折り合いを付けてやっていくしかない。産後は間違いなくお世話になるのだし。

昨日のどん底メンタルの時もブログを書いたのだけれど、アプリの不具合で空投稿になってしまった。正常寄りの今のメンタルで昨日の気持ち読み返したかったな。

母も恐らく自分の発言が悪かったと思っていては、今しがたご機嫌を取ってくれたので乗っかることにしたところ(我ながら偉そうだけどお互い様なので許してほしい)。このタイミングで晴れていて良かった、まだ鬱状態だったらきっと泥沼だった。

うちの親はすごく良い親というわけではないけれど毒親ではないと思う。良い面も悪い面もある普通の親。尊敬しているところもあるし感謝もしている。世の中には間違いなく毒親と言える親もいるわけで、そんな中普通の親の元に生まれ育ったことはとても有難いことだよなと感じるのだった。

これから私は親になる。きっと完璧な親にはなれないけれど、健やかな親でありたいと思う。健やかな人間ではないけれど、せめて子供にとっは健やかな親でありたい。私も夫もひねくれてしまっているところがあるけれど、この子はまっすぐに育ってほしい。難しいかもしれないけどそう願っている。

新着マイナートラブル

最近のマイナートラブルたち

  • 胎動激しすぎ問題
  • 頻尿がさらに酷い
  • 横になると頭に血がのぼる感覚
  • 張り止めの副作用(服用後約1時間後に動悸と手の震え)
  • 腰痛
  • 恥骨痛←New!

 

辛い…早く出てきてほしいけどまだ出てきたらダメ…正産期まであと1ヶ月。あと1ヶ月の辛抱。初期のつわりに比べたら全然辛くない!という自己暗示w元気に生まれてきてくれたら十分だからね〜頑張ろうね〜。でもマイナートラブルはこれくらいにしてくれると助かるよ〜。

自分のテンション上げるため、マザーズバッグとして良いカバンを購入検討中。誕生日プレゼントとして買っていいよって夫言ってくれたうれしい。ネットで黒のバックパックを検索しまくる日々…実物見に行きたいけど、一人で電車乗り継いで街まで出る勇気がない。張り止め飲むとしんどくて外に出る気が一気に削がれて、結局ソファーの主になってしまう。お腹張る方が楽な気がするけど、これは赤ちゃんのためだからなぁ。

ほんと、友達との予定がないと外出できない。会いたい人たちに連絡したいけど、いつまで動けるかわからないからなかなか言い出せなかったり。でも生まれたらそれこそいつ会えるかわからないし、無理しない程度に後悔しないようにやりたいことリスト消化していきたいな。

里帰りいろいろ(超散文)

里帰りから1週間ほど経ちました。楽っちゃ楽なのか?微妙なところ。

うちの母は働いているので、上げ膳据え膳と言うほどではなく。むしろ私が家事をしなくてはいけない。まぁ里帰りとはいえまだ動けるし、住まわせてもらっているのだから当たり前なんだけど。私がやってなければ母がやりますし。でもやってなかったときの肩身の狭さが辛い。ありきたりだけどやろうと思ってたのにーってこと指摘されると辛い。そして、職場が近いのでお昼休みには帰ってくる…お昼寝するにも肩身が狭い。いっそ1日空けてくれれば気が楽なんだけれど!とか、我ながらなんてワガママ!

実家の周り15分圏内にはほぼ何もないから、出歩く気にならない。買い物行くにも車が要る。いつどこで知り合いに会うかわからないからスッピンマスクでは出かけられない。地元は好きだけれど、自宅アパートの周りが便利すぎてつらい…

というわけで、精神的には今の方がしんどいかもしれない。罰当たりだなぁ。それにしたって、親とは離れていた方がお互いに思いやれるということを改めて感じたのでした。専業主婦の母だったらまた違ったのかなぁ。1日中一緒もそれはそれで大変そうだけれど。結局ないものねだりなのかも。

 

いつでも優しい夫に会えないのも寂しい。毎日欠かさずかわいいね、ありがとう、今日のご飯も美味しかった、などなど言ってくれて、本当にいつも幸せだった(って言うと別れたみたいだな)。降り注ぐ愛情のシャワー。わかりやすい表現は大切なことだ。

夫がいつも優しいのは、底抜けに優しい義母に育てられたから。会う度に、話を聞く度に、なんて優しいんだろうと驚かされる。優しすぎて夫がマザコン気味で家事が何もできないのは気になるけれどw人間とはそういうものだ。私には適度な距離感を保って下さっているし、そういう義実家のことも含めて、この人と結婚してよかったなぁといつも思っている。

うちの母も優しくないわけではないと思う。ただ優しくされてこなかったから、優しくするのが下手くそで、それは私も同じ。夫に優しくされて、こんな風であろうと頑張っているところ。

とはいえ私はこの母に育てられて良かったと心から思っているし、どちらの母が良いという問題ではないけれど。ただひとつ、うちの母がもし姑だったら怖くて嫌だなとは思ってしまうwそして自分も、義母のように良い姑になれる気がしない。まぁそれはまだ見ぬ息子が生まれたら悩むことにしよう。

 

話が逸れたけれど、里帰りしなきゃよかったという話ではなく、産後は絶対助かるだろうからタイミングの問題だ。もう少し直前に帰ってこれたらと思うけど、まぁまぁ遠方だからそうもいかなかったんだよな。

生まれるまであと2ヶ月弱。親しき仲にも礼儀あり。お互いに気持ちよく過ごせるように努力しよう。

32w/里帰り

9ヶ月目に突入!2ヶ月後には我が子を抱いているんだなぁ…順調に出てきてくれれば。

少し早いけれど、色々あってもう里帰りしてきた。こっちはド田舎と言うほどではないけど、ちょっと出かけるにも車がないと辛い。出不精に磨きがかかり、多少の家事の他に何すればいいの〜状態。いややることは沢山あるんだけれど…

とりあえずまとめサイト閲覧で1日が終わるのはもうやめたい。家庭板のまとめを興味深く読んで、その度に実家も夫も義実家もまともであることに感謝することに加えて自分もまともでいようと自戒するのはいいんだけど、もっと他にやるべきことはあるだろう。こんなに自由な時間、出産したら次は何年後に取れるかわからないのに!

出産に向けて読書とか裁縫とかする。友達に会う。カラオケも行きたい。ぼーっとしてたら時間は本当にあっという間に過ぎていく。あぁなんか、大学時代の夏休みとデジャブ。

しかし張り止めの副作用がネックだ。重たいお腹より腰痛より何より、張り止め飲んだ後の動悸と眠気がしんどい。背に腹は代えられないけど、どうにかならないものか〜。今も眠い。

夫はアパートに一人で大丈夫かな。長年の付き合いで鍛えられて、会えないのはまだ寂しくないけれどとにかく心配だ。専業主婦だから家事を全部やるのはいいんだけど、何もできない人間にしてしまうとこういう時や、それこそ育児が始まった時に大変なことになるよなぁ。里帰り中に修行してほしいけど、産後にはどうなっているだろうか。

色々心配事はあるけれど、お腹の子は元気。胎動はもはや日常すぎてその度に話しかけることもなくなってしまったけど、たまには声かけなきゃな。ポコポコ泡がはじけるみたいだったのに、今では頭と足の位置がわかる。蹴られて痛いし膀胱を押されて気持ち悪いときもあるけどwかわいい我が子。元気に生まれてくるんだよー。愛する準備はできている、というかもう既に愛している。